住まいの模様替えのポイント

TOPICS

窓際に空間を作る

住まいの模様替えのポイント 少しでも住まいを広く見せようと思うと家具を一カ所にまとめて空間作りを考えるものです。
その際、生活のスペースをより有意義に確保するために窓際に物を寄せる人もいることだと思いますが、これはあまり良くない方法といえるでしょう。
より良い空間作りを考えて模様替えを進めていくのであれば、窓際というのはできる限りものを置かないことがベストです。
これを覚えておくとより生活をしやすい住まいへと模様替えをしていけますから、心得ておいてください。
窓際に物を集中して置いてしまうと風通しに影響します。
この周りを開けておくと室内への風の通しがとても良くなりますが、逆に物で埋まっていると通気の効率がとても悪くなるのです。
同様に陽射しの入りも悪くなりますし、物を置いておくことでこれらが常に陽を受け、褪せて劣化してしまうことも懸念されるでしょう。
様々なことを考慮すると窓際というのは物を置かずできる限りスペースを作っておくことが良いといえるのです。
窓際は外からも見える場所なので、ここにたくさんのものをまとめて置いておくと散らかった家という印象になります。
ごちゃごちゃしている印象でカーテンの開け閉めも満足に行いないようなイメージを持たれてしまうのでこのような損をしないようにするためにも気を遣ってスペースを開けておくべきといえます。
明るく風通しの良い住まいになるよう窓際にはできる限り充分な空間を作るよう、努めていってください。